FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
くるくるくるくる・・・・・・




くるくるくるくる・・・




ん?何を回してるかって?

野暮なことを聞かないでくれよお嬢ちゃん。こいつはおいそれとは人に言える代物じゃないんだ。
















あ、待って!うそうそ、聞いてってよ。行かないで!


こいつはなぁ、音楽棒さ( ̄ー+ ̄)


西洋かぶれの奴らはミュージックバトンとか言うらしいが、正しい日本語の伝道師としてはそうは呼べねぇのさっ

普通他人にバトンを次々渡していくらしいが、おれはこいつを人に渡さず一人回し続けるアナーキストだ。


今日はこの前紹介したブルーハーブの歌詞を載せちゃうぜっ



~~~~~~~~~~~~音楽棒2~~~~~~~~~~~~~~~~



 THA BLUE HERB


 時代は変わる PART Ⅱ


音色が暗い?こんな曲じゃ商売にならない?
勘違いするなおれ達はそんな目的で歌ってるんじゃない
パーティーはそのままで みなさん 聞いてくれ

オレが生まれる前に1度ロシアで時代はかわった
赤い旗は勝利を祝った、だが大半の人々にとっての革命はそこで終わった
正確には終わらせたかったんだ、なぜなら並大抵の犠牲を払ったわけじゃなかったから
植民地の弱者はわき立った、第3インターナショナルには情熱が集まった
反比例するようにして理想の建設は進まなかった、ハンマーとカマに覇権主義がからまった
再び恐怖が訪れたモスクワに、祝日にもやってくる粛清の竜巻き
スターリン個人崇拝が浸透する間にブハーリンは薄暗い処刑場行きの車に
裏切りとうらみの支配が寒さの裏に、ポーランド、ベルリン、アフガン、プラハに
純粋な殉教者たちは皆つかまり、KGBにカゲでラーゲリでほうむり去られ
体制を維持、発展させるという部分と、開放、共栄、共存との矛盾が
やるせなさと一緒に充満した、もはや革命の継続は悪循環でしかない
とまどうかもしれないが本当の敵は実はロマノフじゃなかったコトだけは間違いなく
ドアの奥そこでこっそりととなりをのぞく心の弱さをもつ自分たちだったという
防ぐための壁はろうごくになった、イデオロギーが生み出したのはアレルギーだけだった
人間らしさに全てをかけた革命は結局その人間らしさに負けたんだ


そして時代はかわった、ソヴィエトは滅び去った
西側は勝利を祝った、しかしそれは人の欲に拍車がかかっただけに過ぎなかった
おれたちを止めるモノはどこにもなかった、前よりもちがった思想は間違ったモノになった
国境線は大国のへりくつの遺物、神の名の元に別の神の子を迫害する
リスク承知で踏み出すファシズム、これら3つは全ては密接に結びつく
G-7、OPEC,EU,UN、敵の敵はすぐに全て味方になりえる
様々な思惑にひしめく面子が集まって新世界秩序ってやつを始める
核弾頭が狙いを定めたバクダット、NATO軍が牛耳ったバルカン半島
ルワンダの状況は未だ予測が不可能、数万の難民が大陸中をさまよう
いつはてることなく1つのイスを争ってるインディアとパキスタン、イスラムとイスラエル
クリスマスがたとえイスタンブールにきてもクルドのキャンプにくるのはキリングフィールドだけだ
外からポルポトのやり方は予想しなかったが紅衛兵はビートルズを知らなかった
南北と東西に格差がちらばったが裏でシナリオをかいてたのは北アメリカだった
第3世界は農場で労働を強いられ、仕立て上げられた不利な歴史を教えられる
はじめから太陽はなかったとあきらめさせられる、夜明け過ぎても誰も目覚めず


これら歴史のいたる所に埋もれた、不公平な悲劇に当法廷は
欲と無気力、人の欲と無気力の相互関係に全ての根源があると
それはだれもがもってて、それの前では人は無力だという静かなひとつの結論を得た
それをもっとも憎んだはずの革命家はいつしか裏でそれを国民にくわせてる
それは理解者の顔をした議会派のふりをした独裁者の出現を簡単に許し
それは他人と自分とをすぐ比べさせる 裏金ひとつですぐにくらがえする
それはレジスタンスにとっての致命的な弱点でもあり、それは言い訳、自己批判、釈明
それに全身をとりつかれると人は皆老人になる、情熱は風前の灯だ
それのレッテルを毛沢東にはられた髪は失意の元ラサからヒマラヤをこえた
世界中の企業家が彼を見捨てても、それに負けない限り彼と彼の国は勝つだろう
されはサイゴン、サンタクララ、テヘランで破れた、そしてそれはこの国で勢力を伸ばした
無気力を倒し欲をみたすか、欲そのものに無気力になるか、どっちが幸せになれるのだろう?


いともたやすく慣れは痛みを忘れさせた、単純な奴らが単に多いってだけだ
朝鮮、ベトナムWARでかき集めた金はこの国の中枢をかんたんに狂わせた
太平洋の向こうへコビを運ぶ橋をかけたり砂上の箱物の城を建てた
やられたコトをいつまでも言ってたってな、やったコトを認めなきゃ話にならねーな
夏だけ広島と長崎に人が集まる、今回も首相閣下のスピーチは棒読みだった
巨大な像のオリに囲まれた沖縄、二風谷の名は教科書にはなかった
原発の安全計画は幻覚、その場しのぎの宦官どものていたらく
めまぐるしさで首都はすでにテンパってる、アメリカに飼いならされていきがってるこの国は一体、何なんだ
スポンサーサイト
【2005/07/20 Wed】 今日の出来事 // コメント(0)
管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 戦えボングパイプ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。